【西新駅近くの美容室リエット】自慢の低温縮毛矯正が大好評!!

皆さまこんにちは!

 

いつもHair×Cafe Lietoをご利用頂いておりますお客様、

ご来店をお考えのお客様こちらのブロブをご覧頂きありがとうございます。

 

今年は福岡を含む九州地区が例年よりも梅雨入りが遅く、

長きに渡って雨が降っております。

 

リエットでも7月に入りましたがクセでお悩みの方が縮毛矯正でたくさんご来店頂いております。

 

僕自身がクセ毛事もありお客様の半数以上がクセの方ですね!!

そもそもなぜクセがでちゃうのか!?

 

ここから長文になりますが、

これを読めば自分のクセと種類、ダメージ、タイプがまるわかり講座

※クセ毛は多いくわけて4タイプ※

・うねり系 ・・・ 波状毛(はじょうもう)

・ねじれ系 ・・・ 捻転毛(ねんてんもう)

・ちぢれ系 ・・・ 縮毛(しゅくもう)

・デコボコ系 ・・・ 連球毛(れんきゅうもう)

 

波状毛とは・・・

日本人の大半がこの波状毛です。波状(なみじょう)にうねるクセでシルエットが広がったり、ある長さを超えてからハネやすい特徴があります。
見た目は三つ編みをほどいた時の様な波状のうねりで、バサバサとした質感になりがちです。
大きな特徴として湿気などの水分を吸い込みやすくため、梅雨時期なると膨らむというかたは、

波状毛であると考えられます。

 

※捻転毛とは・・・

日本人ではネコ毛と言われる細毛の方に多く見られます。髪がねじれてしまい重なり合う事でボリューム感が出てしまいます。
見た目は傷んでいるわけではないのにツヤ感がでません。
大きな特徴として毛根が原因です。波状毛は髪自体がクセなのですが捻転毛は毛根のクセという事になります。

捻転毛は毛根のクセですので縮毛矯正やストレートパーマでも直すことができません。
波状毛+捻転毛の方は通常のサロンではストレートにすることは難しい為、
特殊な薬液と技術が必要となります。
  ↑ ↑ ↑
リエットでは波状毛でも捻転毛でも対応できる薬剤をご用意しております!!

 

※縮毛とは・・・

日本人では少なく1万人以上担当した僕で2人しか施術を行ったことしかありません。その時の2人もアフリカ系のハーフの方でした。
見た目はチリチリとした硬い髪で、水分を弾くパサパサした髪質です。
全く傷みがないのに傷んだように見え黒人の方に多く見られます。

結果的に・・

日本の薬液では全く反応せず1ミリも真っ直ぐなりませんでした。

 

※連球毛とは・・・

僕の中では最近のお客様で増えたなぁ~って実感している連球毛。髪の1本1本が不均一デコボコしている髪。
見た目はストレートなんだけど、ストレートではない。ツヤが出ずらく手触りがザラザラしている。
特徴として髪が傷みやすく、クセが伸びづらい。。。

良く聞く美容師泣かせの髪質と言えます。

無理に強い薬液を使用すると髪が途中からプチンと切れ、バカ毛っぽく見えちゃいます。
波状毛は髪自体のうねりですが、連球毛は表面だけがうねりがあるとても難しく繊細な髪質です。

 

皆さん!!

クセ毛は直毛より傷みやすい!!って知ってましたか!?

 

上で説明したようにクセ毛は表面状うねりがあったりデコボコしてますので真っ直ぐな髪よりも摩擦を受けます。

摩擦とは・・・ブラッシング、寝返り、シャンプー中、歩いている時などなど

あげるときりがありません。

 

さらに掘り下げ、
そもそも何故クセ毛になるの!?

1番の原因は遺伝です。

これ言っちゃうと、

ハイ、終了~。

みたになりますが、申し訳ございません。

遺伝が大きな原因であることは否定できません。

 

しかぁ~し

 

完全に直す事はできませんが、ある程度軽減する方法が3つあります。

 

その1.

縮毛矯正をかける際には必ず薬剤を着ける前に長さと量を切る!!

リエットではこれは徹底しておりますが、新規のお客様はビックリしちゃいますね!!

なぜなら、シャンプーする前にゴワゴワのクセMAX状態で切るから。

ぶっちゃけシャンプー後の方が切りやすいですよ。。。

でも毛根のクセ、髪本来のクセを見分けなければなりません。仕上げより5ミリ程度のズレでカットしないといけないのでここは繊細です。

今、ビックリした方や初めて聞いた方、

その美容師さんで大丈夫ですか??

クセ毛美容師から言わせてもらえば縮毛矯正をかけた後に切る、ましては量感を取るなんて信じられませんしお金頂けません。

クセを伸ばしてから切ると、

量が軽くなる為すぐクセが出やすくハネる原因にもなります。

 

カットに関しては美容師さん次第ですので今度良く見てみてください!!

リエットにご来店頂いているお客様はご安心下さいませ。

 

その2.

撥水毛(はっすいもう)に近づけるシャンプー&トリートメントを使用する。

元々赤ちゃんの髪は撥水毛で水を弾きます。(肌もプルンと撥水してますね)

俗に言うクセ毛用シャンプー&トリートメントですね。

 

ただここで注意点!!

 

従来品のクセ毛シャンプー&トリートメントはしっとりさせるだけで撥水毛への改善がなせれない場合が多いです。

しっかり信頼できる美容師さんから購入することを強く願います。

 

その3.

最低マイナスイオン、又は最近流行りのちょっと高めのドライヤーを使用する。

従来、ドライヤーという物は髪を乾かす道具でした。←僕がそうでした

しかぁ~し

最近のドライヤーは温度は低い(温風と冷風の中間)のに風力が強い。

もともとは熱により髪を乾かしていましたが、今は主に風力で乾かしているメーカーさんが多いですね。

僕の偏見でおススメは、

・レプロナイザー系

・ホリスティック系

・復元ドライヤー

ですね!!超大手ダイソンさんは乾かす風力トップクラスですが水分保持能力が皆無ですね。←ディすってはないです。
ちなみに市販品はPanasonicさん言う話は聞きますが、申し訳ございません。

使用した事がございません。。。

 

この3つを改善するだけで劇的に髪はキレイな状態と蘇ります!!

 

リエットは城西にあります小さな美容室ですが紹介が大体毎月15人~20人で、

特に縮毛矯正をご紹介頂いております。

 

実績や仕上りには自信がありますが、

なんせ奥さんはまつエクで毎日満席で僕一人でしてますのであまり反響がでると困りますがw

 

リエットでは縮毛(日本の薬事では不可)以外のクセに対応する為、縮毛矯正専門店並の薬剤をご用意しております。(全9種)
さらに、通常180°~210°の温度設定を120°~150°で施術致します。

その髪質に合った薬液でダメージを最小限に抑えておりますので仕上がりが抜群です。

通常価格が7,150円で

カット込みでも11,150円と激安です!!

実際お客様にもこのクオリティーならもっと高くても良いよぉ~
なんて言われておりますので上げても良いかなぁ~w

最後にスタイル写真にもあります一部を

 

 

これは感動ものですね!!

 

ながながとすみませんでした。

 

ただ本当にクセで悩む方たちに届きますように。。。

 

 

西新駅近くの美容室リエットにてお待ちしております♪